ページトップへ戻る

全国で作業系資格のスクールを運営

マジオネットグループは、
高度な技術と確かな実績を活かした講習を提供します

home > お役立ち情報 > フォークリフトの免許をとって色んなフォークリフトを運転してみよう!

フォークリフトの免許をとって色んなフォークリフトを運転してみよう!

こんにちは!マジオワークライセンススクール多摩校です。

フォークリフトを知らない素人の方は「どのフォークリフトも一緒じゃないの?」と思っていらっしゃるでしょう。

しかし、フォークリフトにもたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。

ですから、今回はフォークリフトのいくつかの種類とそれぞれの特徴をご紹介いたします。

 

▽フォークリフトの種類と特徴▽

・カウンタバランスフォークリフト
フォークを上下させるためのマストを車体前方に備え、車体後方にはカウンタウエイトを設けた一般的なフォークリフトです。タイヤの角度が70度以上回るので小回りが利きます。

ほとんどの工場がこのカウンタバランスフォークリフトを使っています。また、実技講習でも使われています。

 

・リーチフォークリフト
背の高いフォークリフトで、車体が停止していてもフォークを前後に移動できるフォークリフトです。

最小回転半径が小さく、倉庫内など狭隘な作業場所において広く用いられています。

国内では、最大積載荷重が0.5t〜3tクラスが多いです。

カウンターバランス式と違い、基本的には立ち乗りですが、なかには座って操作する製品も存在します。

カウンタバランスに比べ、安定性に欠け、転倒事故も多いため注意が必要です。

 

・サイドフォークリフト
車体の真横にフォークが付いたフォークリフトです。

パイプなどの長いものを運ぶ際に使用されています。

比較的、車体が大きいものが多いです。

運転席が高く、フォークの位置も分かりづらいのでスムーズに使用するには十分な練習が必要です。

 

・オーダーピッキングトラック
車体の前部に作業員が乗り、荷物の保管や取り出しなどを行うフォークリフトです。

そのため、運転席はありません。

フォーク面の高さに運転台があり、運転する人が高さを調節しながら作業が可能です。

 

・ウォーキーフォークリフト
ステアリングハンドルを握った運転者が歩きながら操縦するフォークリフトです。

ハンドルを握りながら前進・後退・リフト操作ができるので、狭い通路や天井の低いところなどで作業する時に使用されます。

 

・ストラドルフォークリフト
車体の前方に張り出した走行ができるリーチレグにより、車体の安定を保ち、そしてフォークが両方のリーチレグの間に降りる形のフォークリフトです。

高低差の激しい荷役を行う際に使われることが多い車両です。

 

今回は六種類のフォークリフトの形をご紹介いたしましたがいかがでしたか。

これがすべてではないので、もし興味がある方は是非調べてみて下さい。

お知らせ

  • ホームページをリニューアルしました

    2017.03.24

お役立ち情報

  • 意外に安い?フォークリフトの免許取得にかかる費用

    2018.01.26

  • フォークリフトの資格を取得するとどんなメリットがあるのかをご紹介

    2018.01.22

  • クレーンの免許についてこれを読めば全て確認できます!免許の種類や内容をご紹介

    2018.01.18

  • クレーン講習で実技試験がパス!初心者は絶対に教習所がおすすめ

    2018.01.14

  • 玉掛免許はすぐに現場で使える免許!クレーン操作において絶対に必要です

    2018.01.10

教育訓練給付金制度についてBenefit System

COPYRIGHT © 2016 MAGIO WORK LICENSE SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.