ページトップへ戻る

全国で作業系資格のスクールを運営

マジオネットグループは、
高度な技術と確かな実績を活かした講習を提供します

home > お役立ち情報 > フォークリフトが公道を走る!? 意外な知識と取得方法!!

フォークリフトが公道を走る!? 意外な知識と取得方法!!

タイトルを見て驚かれた方がいらっしゃるのではないでしょうか。
フォークリフトは工場などの私有地だけで走行し、公道には出られないものだと考えていた方も、少なくないと思います。
公道での走行が不可能に思われるフォークリフトですが、道路交通法で規定された車両区分の運転免許を所持していれば運転することができるのです。

 

もし、この情報を知らなかったら、公道を走っているのを見て、驚いてしまうかもしれませんね。
公道を走るフォークリフトに驚いたり、目で追ったりして事故に遭わないように気を付けましょう。

今回も前回に引き続き、フォークリフト資格についての情報をお伝えします。
今回は、フォークリフトが公道を走るための条件と資格の取得方法についてです。

 

まずは、フォークリフトが公道を走るための条件です。
先述したように、フォークリフトで公道を走行する場合には、その大きさに応じた資格が必要になります。
フォークリフトは車両区分で「大型特殊自動車」と「小型特殊自動車」に区分されますが、最大荷重2tクラスまでは最高速度を15km/hに設定することにより小型特殊自動車での登録が可能です。小型特殊自動車であれば、「大型特殊自動車免許、小型特殊自動車免許、大型自動車免許、中型自動車免許、準中型自動車免許、普通自動車免許」のうち、いずれかを所有していれば公道走行が認められるのです。一方で、最高速度15km/h以上のフォークリフトの場合、「大型特殊免許」を所持している必要があります。

また、走行する際の条件も2つあるのです。

 

1つ目の条件は、荷物を積載しながらの走行が認められていないことです。なぜならフォークリフトには「最大荷重」の規定はありますが、道路上で荷物を積める為に必要な「最大積載重量」が定められていないからです。うっかり、パレット一つ積載しながらの道路上の走行は違反です。

2つ目の条件は、ナンバープレートの掲示です。
これは、掲示しないと、道路交通法違反であるため、特に理由を書く必要はありませんね。

 

次に、資格の取得方法についてです。
前回の記事で、フォークリフト資格には「最大荷重」によって分けられる、2つの種類があることをご説明しました。

 

1トンを基準に分けられる2つの種類の資格を取得するのに、必要な義務をそれぞれご紹介します。
最大荷重が1トン未満のフォークリフトの場合、「特別教育」か「技能講習」のどちらかの受講が義務とされているのです。
最大荷重が1トン以上のフォークリフトの場合は、「技能講習」が義務付けられています。

その上、1トン以上の場合、1トン未満に比べて、「技能講習」の時間が長くなるのです。
仕事でフォークリフトを操縦される方は「技能講習」の修了が一般的に求められているため、そちらを受講されることをオススメします。

 

今回は、フォークリフトが公道を走るための条件と、資格取得の方法についてご説明しました。
自分はどんな状況でフォークリフトを扱うことになるのかを考えて、資格の取得に向かいましょう。
ゴールが見えていると、やる気も起きやすいですよ。

お知らせ

  • ホームページをリニューアルしました

    2017.03.24

お役立ち情報

  • 意外に安い?フォークリフトの免許取得にかかる費用

    2018.01.26

  • フォークリフトの資格を取得するとどんなメリットがあるのかをご紹介

    2018.01.22

  • クレーンの免許についてこれを読めば全て確認できます!免許の種類や内容をご紹介

    2018.01.18

  • クレーン講習で実技試験がパス!初心者は絶対に教習所がおすすめ

    2018.01.14

  • 玉掛免許はすぐに現場で使える免許!クレーン操作において絶対に必要です

    2018.01.10

教育訓練給付金制度についてBenefit System

COPYRIGHT © 2016 MAGIO WORK LICENSE SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.