ページトップへ戻る

全国で作業系資格のスクールを運営

マジオネットグループは、
高度な技術と確かな実績を活かした講習を提供します

home > お役立ち情報 > フォークリフトもエンストする!? その原因と対策とは!?

フォークリフトもエンストする!? その原因と対策とは!?

「最近は、フォークリフトにもAT車が増えてきたんだから、そんなことは無いんじゃないの?」
タイトルを見て、このように思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、AT車でエンストすることはほとんどありません。

 

しかし、エンストしないわけではないのです。
MT車に比べると頻度が少ないだけであって、起こらないわけではありません。
職場で作業している時にエンストしてしまい、「何がおこった!?」と慌てることがあるかもしれません。
エンストしても問題なく対処できるように、知識を身に付けていきましょう。
今回は、フォークリフトにおけるエンストの原因と対策についてご説明します。

 

まず、エンストの原因についてです。
そもそも、「エンスト」とは、「エンジンストール」の略で、使用者の意図に関係なくエンジンが停止してしまう現象の事を指します。
MT車の場合、クラッチの操作ミスやギアの操作ミスなど、使用者の技術が原因と成っているのです。
AT車の場合、燃料ポンプのトラブルや制御系の不調など、車の不備が主な原因となっています。
エンストしない車はないと考え、エンストする場面に遭遇しても、混乱して更なるトラブルを起こさないようにしましょう。

 

次に、エンストの対策についてです。
最初は、エンストしている理由を発見しましょう。
「どの人が運転してもエンストが発生している」場合、フォークリフト自体に問題があると考えられます。
整備士の方に相談したり、修理してもらったりしましょう。
「他の人は大丈夫だけど、自分はエンストしてる…」
このような場合は、その人の技術が理由の可能性があります。

 

ところで、フォークリフトでは「マニュアル車」か「AT車」かは足元を見ただけでは区別つきません。なぜなら「AT車」にも「マニュアル車でいえばクラッチペタル」と同じ位置にペタルがあるからです。これは「フォークリフトのAT車」に固有の「インチングペタル」が装着されているからです。何と「フォークリフトのAT車」には一般の自動車に装着されていない「クラッチ」が取り付けられているのです。一度試しに「インチングペタル」を操作してみてください。このペタルは少し踏むとクラッチが切れ、更に踏み込むと「クラッチが切れた状態でブレーキがかかる」のです。但し、この「インチングペタルは熟練者が荷役作業を早くする為」に使用するもので、初心者は十分練習してから操作するようにしてください。

お知らせ

  • ホームページをリニューアルしました

    2017.03.24

お役立ち情報

  • 意外に安い?フォークリフトの免許取得にかかる費用

    2018.01.26

  • フォークリフトの資格を取得するとどんなメリットがあるのかをご紹介

    2018.01.22

  • クレーンの免許についてこれを読めば全て確認できます!免許の種類や内容をご紹介

    2018.01.18

  • クレーン講習で実技試験がパス!初心者は絶対に教習所がおすすめ

    2018.01.14

  • 玉掛免許はすぐに現場で使える免許!クレーン操作において絶対に必要です

    2018.01.10

教育訓練給付金制度についてBenefit System

COPYRIGHT © 2016 MAGIO WORK LICENSE SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.